自然派ワインを楽しもう

2015/11/20グルメ
LINEで送る
Pocket

自然派ワインの美味しさはブドウで決まる


ここ数年注目を集めている自然派ワイン。
自然の恵みを尊重し、酸化防止剤など添加物を使用していない、または極少量のみに抑えて造られた自然派ワインは、ブドウ本来の豊かな美味しさが味わえ、悪酔いしにくいといわれています。
今回は「トロワザムール(3amours)」のご協力により、その魅力をご紹介します。

自然派ワインとは?


自然派ワインは、フランス語でヴァン・ナチュールとも呼ばれ特に規定はないものの、「オーガニック」、「ビオロジック」という無農薬、有機農法の畑で採れたブドウを使用し、自然な製法で造られたワインを指します。
天体のリズムにあわせて、種をまく時期や収穫時期を決める「ビオディナミ」という農法もあります。 また、「リュット・レゾネ」という減農薬農法で造られたワインなども広い意味では含まれることがあります。
豊かで健康な土壌と風土の恵みを受け育まれたブドウは力強く個性的、自然醸造することでブドウの旨味が凝縮され自然派ワインは美味しく仕上がるのです。

選び方


自然派ワインは、味も千差万別で造り手の顔が見えるような個性的なワインがほとんど。
中には、ボトルに絵が描かれたユニークなボトルもあり、ぱっと見ただけではどんなワインか想像しにくいので、お店の方に相談するのがベスト。
その際は次の4点を伝えるとスムーズに選べます。

種類(赤、白、ロゼなど)

どんな味が好みか(しっかりとした、キレのある、甘口など)

香り(フルーティ、フローラルなど)

予算

 

1 2 3

LINEで送る
Pocket